CQ CQ de JF3KNW

還暦を迎え、身の丈に合った、無理をしない、シンプル・ライフ備忘録

カテゴリ: 最近読んだ本

90代になっても輝いている人がやっている 『トシヨリ手引き』

和田秀樹 著  2023年 毎日新聞出版

目次から
プロローグ 6000人以上のおトシヨリを診て、願うこと
第1章    これからの「老い方」を知っておくと、ラクになる
第2章    「やってみたかったこと」が意欲を生み出す
第3章    すぐやりたくなるトシヨリ手引き
第4章    トシヨリは、わがままがいい
第5章    「いい医師」「いい病院」を見分ける手引き
第6章    認知症を先延ばしにする手引き
エピローグ  「最期」について思うこと

筆者は、プロローグで「トシヨリらしく」は捨てましょうと言っている。
おトシヨリが人生の最期で後悔したおもなものは、
・もっと好きなことをしておけばよかった
・もっといろいろな経験をしておけばよかった
・もっと自分の楽しみを優先すればよかった
・もっと周りに、自分の本当の気持ちを伝えておけばよかった
・お金を自由に使っておけばよかった
・医者の言うことを聞きすぎなければよかった

「おトシヨリは、勝手気ままに生きるのが一番よく、『わがまま』がおトシヨリを元気にする」と述べているが、それも程度による。周りが困るかも・・

認知症については、こう述べている。
「人ななぜ認知症になるのでしょうか。答えは、シンプルです。年をとるからです。」
「病気ではありません。歳を重ねていけば、誰でも認知症になる」
「認知症が怖いと思うのは、ある日突然、『自分や家族のことがわからなくなってしまう』と誤解しているためではないでしょうか」
「でも、ちょっと考えてみてください。『朝起きたら、自分の髪の毛が全部なくなっていた』などということは、起こりません。だんだんと抜けて、薄くなっていくものです」
「大事なことは、認知症の進行を、少しでも遅らせることです」
「認知症の進行を遅らせる最良の方法は、頭を使い、身体も使い続けることです」


母は、今年数えで90歳。「卒寿」を迎えた。
元気に過ごしてくれているのが何よりだ。

山口真一 著  2020年 光文社新書

論理的に構成されているので、目次を見ただけで内容の展開がわかりやすい。
内容も筆者の主観的な意見だけではなく、データの分析・考察に基づく論理的なもので説得力がある。

目次から抜粋

はじめに
・不寛容化する社会
・不寛容の象徴「ネット炎上」
・ネットの世界だけでない不寛容さ
・「極端な人」が社会を支配している?

第1章 ネットに「極端な人」があふれる理由
・社会に対して否定的で、不寛容で、攻撃的な人
・「ネット上では『極端な人』が多い」は世界共通の認識
・「極端な人」はとにかく発信する

第2章 ネットだけでない「極端な人」
・ネットの誹謗中傷の陰にマスメディアがある
・「極端な人」同士は議論が出来ない
・現実社会でも元気な「極端な人」

第3章 「極端な人」の正体
・「極端な人」とはどのような人なのか
・社会に対して否定的で、寛容性が低い人たち
・「極端な人」はごく少数
・同じ人が何度も書き込んでいる実態
・自分の中の正義で他人を裁く

第4章 「極端な人」が力を持つ社会でどう対処するか
・ネットの匿名性が悪なのか?
・「実名制にすれば解決」は間違い

第5章 「極端な人」にならないための5箇条



下川裕治・室橋裕和 編著  2018年 講談社現代新書

はじめに」から抜粋
ツアーに疲れた人へ
旅、といったとき、あなたは何を連想するだろうか。
古代の遺跡や博物館などの、名所・旧跡だろうか。それとも、おしゃれなレストランや、豪華なホテルだろうか。
それらをくまなく回ってみるのも、もちろん楽しいものだ。実際、日本人が参加するツアーも、その大半は「観光地・レストラン・ホテル(そして土産物屋)」を結ぶ形で、パッケージされている。こうしたスタイルの旅行が王道であり、旅行会社にしても確かな需要が見込めるのだろう。
「ツアーは詰め込めば詰め込むほど、売れる」
ある大手旅行会社の幹部は、私にそう語った。ツアーは商品としての旅であるい以上、どうしても、最大公約数的な内容を盛り込む必要がある。有名な史跡やショップ、ホテルをどれだけたくさん巡れるかが勝負になってくるのだ。
しかし―。その慌ただしさの中では、土地の人々の営みに目を留める余裕は持ちづらいのではないか。
それに―。ツアーには、抜け落ちているものがたくさんあるように思う。
それは、「自分の足で、思うがままに、興味のままに歩くこと」。

第1部 極上の「海外ひとり旅」15選
 第1章 アジアの美食を求めて
 第2章 アジアの歴史を訪ねて
 第3章 「通」もうなる旅路
 第4章 ヨーロッパの歴史を訪ねて
 第5章 ヨーロッパに酔いしれる
第2部 失敗しない「おとなの旅行術」100


※旅行に行きたいと思っているうちに、私のお盆休み(夏休み)は終わってしまった。
 せめて本を読んで旅行気分を味わいたい。

特集は
「便利ツールを活用しよう 電子QSL最新事情」
・HAMLOG E-Mail QSLのご紹介 hQSLセットアップガイド
・「電子化されたQSLカード」の交換が楽しめる eQSLの魅力と実践
・ARRLによるQSOデータベース LoTWの勧め
・電子QSLシステムへの転送機能も充実QRZ.comのログ機能を使いこなす

別冊付録は
永久保存1990年代のCQ ham radio
・136万局が交信を楽しんでいた1990年代のハムの世界
・CQ ham radioの表紙で見る1990年代のアマチュア無線
・本誌記事で振り返る1990年代ののアマチュア無線
・本誌広告に見る1990年代のアマチュア無線機

アクティビティーを保つために、2022年1月号からCQ誌のDXレポートを送り始めた。
2023年もそれを続けている。
DXレポート欄を見るとFT8等のデジタルモードのレポートが大半を占めている。
私は旧態依然のCW, SSBのみのレポートで少数だが、レポート欄からCW, SSBが消えてしまうと寂しいので、CW, SSBのレポートを送り続けたい。
しかし、DXCCの主流は明らかにデジタルモードへと移行している感じだ。
DX=DXCCと考えるなら、デジタルモードをやらないと時代の流れから取り残されそうだ。

原田 ひ香(著) 2022年 光文社

(本の帯から抜粋)
今一番読みたい作家 原田ひ香が止まらない!

極貧生活から抜け出したい!
生活保護大家族から逃げてきた元キャバ嬢・24歳
ビジネスホテルに隠遁する元不動産投資家・78歳

節約、投資、女の誇り。老女が授けてくれたのは、独りでも生きていける希望。
秘密を抱えた二人の「投資版マイフェアレディ―」!

↑このページのトップヘ