CQ CQ de JF3KNW

還暦を迎え、身の丈に合った、無理をしない、シンプル・ライフ備忘録

カテゴリ: 無題

5月11日のTGCネット・キー局は8エリアの局が担当。
バンドコンディションが悪く、いつもなら8エリアの信号は強力に聞こえることが多いが、
この日は信号がとても弱かった。
呼んではみたものの空振りに終わった。

5月18日は、2エリアの局が担当。
2エリア、3エリア、4エリア、5エリア、6エリアがキー局の時は大体空振りが多い。
この日は、7時の段階では2エリアのキー局は強くなかったが、途中から強力になった。
終了までに何とかピックアップしてもらうことができた。

TGCネットは、1KWのフルパワーで呼ぶが苦戦する。
そのあと、A1ClubのOAMの7MHzCWでコールしたが、こちらは50Wでもすぐにコールバックがあった。
やはりTGCネットは、呼ぶ局のパワーが超強力だ。

日の出時刻が早くなったため、6時前にシャックに入ったのでは、すでに陽が高く昇っており、7MHzでDXの信号は聞こえない。
太陽フレアがニュースになっていたが、SSNの値は高いがバンドのコンディションはあまり良くない。
すでに夏場のコンディションに変わってきていて、7MHzが良くないのか?
それともHFが全般的に良くないのか?

4月27日のキー局は8エリアの局。
キー局の信号が強く聞こえるかと思ったがそうではなかった。
7MHzで8エリアの信号が聞こえにくい季節になって来たのか?
呼んではみたが、全くかすりもせず。

5月4日のキー局は1エリアの局。
キー局の信号は、比較的強力に聞こえていた。
後半の部でとりあえずピックアップしてもらうことができた。
連敗は何とか免れた。

4月29日付 神戸新聞から抜粋

5月は、日の出時刻が午前4時台になる。日の出時刻に起きて無線をするのはむずかしい。
日の入り時刻は、夜の7時台になり、太陽が出ている明るい時間帯が増えている。
バンドのコンディションも大きく変化すると思われる。
これからの季節は、日没後に14MHz, 21MHzで北米、カリブ海方面の信号が強力に入感する日がある。
しかしオープンの時間は短いのでうまくその時間帯に無線機の前にいるかが問題だ。

   (日の出)       (日の入り)
5月  1日 5:09 18:44
5月10日 5:00 18:51
5月20日 4:53 18:59
5月31日 4:48 19:07

5月1日 八十八夜   5月5日 立夏   5月20日 小満

1エリアの局がキー局だったが、バンドコンディションが悪くてキー局の信号はとても弱かった。
このバンドの状態では競争に勝てる気がせず、呼ばずにずっと聞いていた。

TGCネットが空振り、いや今回は「空振り」もできずに「見逃し」でガッカリ。
週末だけのハムライフがガッカリで始まるかと思ったが、ネットと同じ時間帯にTT8RR(チャド)が10MHzで聞こえており、ヨーロッパのパイルアップに混ざって呼んだが何とかピックアップしてもらうことができた。
そのあとTX7W(オーストラル諸島)とも28MHz, 24MHzでQSOに成功。
とりあえず気持ちよく週末の朝をスタートすることができた。

1エリアの局がキー局。
しばらく空振りが続いていたが、久しぶりにピックアップしてもらうことができた。
パイルアップを抜けるには今一つ馬力が足りないようだ。

今朝は、6時前に起きてクランクアップタワーを伸ばし7MHz, 14MHzを聞いてから7時のTGCネットに参加した。
国内向けはタワーを少し縮めてアンテナの地上高を低くした方が飛ぶのではないかと言われることがあるが、実際のところはどうなんだろう?
クランクアップタワーの伸縮はタワーの根元まで行かないといけないので、つい横着をしてタワーは地上高20mのままだ。

今朝は、A8OKと14MHzのSSBで、VP6Gと24MHz, 28MHzのCWでQSOに成功。
先週末から持ち越した宿題を終えることができた。
他には、14MHzでVP8, OYとQSO。
ハイバンドのコンディションはあまり良くなかった。

TGCネットでピックアップしてもらえなくても、週末に早起きしてDX QSOを楽しむことができるのはTGCネットのおかげか。

↑このページのトップヘ