CQ CQ de JF3KNW

還暦を迎え、身の丈に合った、無理をしない、シンプル・ライフ備忘録

カテゴリ: リグ・アンテナ

昨年11月に上げた10MHzのロータリーダイポールのおかげで10MHzにカムバック。
2024ニューイヤーパーティーは10MHzCWでCQを出して、短時間にたくさんの局と交信ができた。
パワーはIC-7600の100w。国内QSOはこれで十分に楽しめる。

一方、海外交信はどうかというと、100wでは時間がかかるが何とか使い物になっている。

2月11日(日)  06:34JST 5X7O 10MHz CW
2月12日(月・祝)20:43JST CB0ZA  10MHz CW


どちらも、長さが9mほどの短縮型RDPに100wでQSOに成功。
これが10MHzの魅力だろう。7MHzだと100wにRDPでは5X, CB0とのQSOはむずかしいかもしれない。
10MHzは面白いバンドだと思う。
7MHzと比べると明らかにノイズが少ない。
競争相手も少なくパイルアップも7MHzより小さい。

RDPを上げてからわかったことだが、10MHzはIC-PW1の調子が悪い。
当初はRDPのSWRがとんでもなく悪いのかと思っていた。
しかしアンテナアナライザーでRDPをチェックすると正常だとわかった。

他のバンドは全く問題がないのでPW1が原因とは思ってもみなかった。
PW1にダミーロードを繋いでチェックすると、10MHz, 3.5MHzでパワーが出ない。
それ以外のバンドではきちんと既定の1kwが出ているのに。

そんなわけで、5X, CB0を100wで呼ぶことになった。
とりあえずうまく交信できて一安心。
ちなみに5XもCB0も、10MHz以外のバンドではまだ交信できていない。

冬本番で寒くなる前にタワーのメインテナンスを行った。
12月になると、自宅周辺はよく霧が出る。朝にはタワー本体、ワイヤーについた露が滴り落ちてタワーの根元がベチョベチョになることが多い。
タワー、ワイヤーの錆除けのためにも、ワイヤーのオイルを切らさないようにしている。

また、私のクランクアップタワーは、アップダウンで4段のタワーがスライドする部分にローラーが付いていないタイプなので、グリスが塗ってある。
そのグリスが切れてくるとタワーを上下させるときにタワー同士が擦れて音がするようになるので、タワー本体へのグリス塗りも定期的に行う必要がある。

ワイヤーには、スクーター用のオイルが残っていたので、それを油差しに入れてタワーに登りワイヤーに注油した。オイルがワイヤーを伝って下まで落ちるため、タワーの下には古新聞を敷いておく。

タワー本体のグリスは、本来ならグリスを歯ブラシを使って塗るのだが、今回は横着をして、ホームセンターで売っている缶入りの安いグリススプレーを吹き付けた。
ちょうど1缶を使うと、4段のクランクアップタワーのスライド部分で特によく擦れている箇所に吹き付けることができた。

IMG_0931


IMG_0932

IMG_0933

T59GX3040をSteppIRの4エレに取り換えた時以降、10MHzのアンテナがなくなり、10MHzに出られなくなっていた。
どうしたものかと思っていたが、10MHz専用の短縮型ロータリーダイポールをタワーのトップに上げることにした。

下のアンテナになるべく影響がないようにということを考えて、ロータリーダイポールは下のアンテナのブームと平行に取り付けた。

時間があればいろいろと実験をするのだが、以前3.5MHzのロータリーダイポールを今回と同じようにタワーのトップに取り付けたときに、下のアンテナのブームと平行に取り付けた場合が、双方のアンテナの影響が最も小さかったため、今回もそのように取り付けた。

以前の実験は、下のアンテナのエレメントとRDPが平行、下のアンテナのエレメントとRDPを45度ずらす。そして下のアンテナのブームとRDPが平行の3パターン。

SWRは、CWの帯域が1.3、もう少し上のFT8でよく使われる当たりの周波数で1.1だった。
今のところFT8は運用していないが、とりあえずそのまま使うことにした。
東南アジア、南太平洋、オセアニア方面のDXペディションとはCWで無事QSOができた。


IMG_0886

QRZ.comには、これまでのアンテナの変化がわかる写真を載せていた。
T59GX-3040のみ、そのあと7MHz3エレを載せたもの、そのあと3.5MHzRDPを載せたもの、そしてT59GX-3040をSteppIRに取り換えた最新のもの。

このたび、今までのアンテナの写真をすべて削除した。
そして兵庫県のツーリズムのサイトへのリンクを張り付け、兵庫県を紹介する写真をいくつか載せた。

QSOの際に、QTHを紹介するときにHyogoと言おうか、Near  Osakaと言おうか迷うことがある。
SSBの時には、60km west of Osakaと言ったり、1 hour drive from Osakaと言うこともある。
海外の局にとってはOsakaの方が知名度は高いだろう。
以前Near Kobeと行ったこともあったが、アジア以外ではKobeの知名度はそれほど高くないように感じた。
兵庫県のPRも兼ねて、今後は積極的に My QTH is Hyogo. と言うようにしよう。

(QRZ.comに張り付けた写真)兵庫県加東市と日本語で入っているが、まあいいか。
JF3KNW 2023-0811

8月15日の早朝に台風7号が紀伊半島に上陸。
テレビのニュースによると現在和歌山市付近らしい。
ゆっくりと北上していおり今後兵庫県方向に向かっているとのこと。
昨日、まだ雨も風も大丈夫な時にタワーを下げてアンテナのブームを地面に打ち込んであるフックにロープで固定した。

近畿、中国地方各地で台風の影響が出ているようだが、大きな被害が出ないことを祈るばかりだ。

IMG_0801

タワーを下げて、ブームの両端のロープを地面に降ろし、
地面に打ち込んであるフックに結びつける。
強風でアンテナが振り回されてビーム方向がズレるのを防ぐことができる。

IMG_0804

庭の家庭菜園の脇に、金属の杭が打ち込んである。
ペットボトルは、防草用のシートが飛ばないための押さえ。

↑このページのトップヘ