CQ CQ de JF3KNW

還暦を迎え、身の丈に合った、無理をしない、シンプル・ライフ備忘録

2013年02月

『女神のタクト』 塩田武士 (2011、講談社)

本の帯には、次のように紹介されてる。
・・・どう見てもたよりない指揮者と、あまりに濃いメンバー。偶然、オルケストラ神戸に足を踏み入れた明菜だが、
そこで封印していた「音楽」への思いを呼びさまされ―。笑いがいつしか感動になる、、猪突猛進・情熱物語!・・・

ずいぶんまえになるが、「のだめカンタービレ」というTV番組が人気だった。
原作はコミックだったと思うが、クラシック音楽をテーマにしたコミカルなドラマだ。
この番組以降、ベートーベンの7番やガーシュインのラプソディー・イン・ブルーがクラシックファン以外にも
ずいぶん聴かれるようになったという話を聞いたことがある。

この本の主人公は、30代の独身女性・明菜。
ふとしたことから、存亡の危機にあるオーケストラの運営スタッフとなり、獅子奮迅の活躍をする。
「もしドラ」と違って、理屈抜きに楽しめる。
登場人物は、みんな一癖も二癖もある変人ぞろい。
才能はあるけど、自信を失って指揮台に立つことを拒み続けるマエストロやまとまりのないオーケストラメンバーをまとめながら、演奏会を成功に導くという物語。

会社やビジネスの世界を舞台とした小説やスポーツを扱った小説は多いが、
クラシック音楽を題材として、オーケストラの人間関係や音楽づくりを、扱った小説は少ないような気がする。
この小説でメインに扱われる曲は、ラフマニノフの「ピアノ協奏曲3番」とエルガーの「ニムロッド」。

夜は、寒い無線室で聞こえてこない弱い信号に耳を傾けるのもいいけど、こたつに入って本を読んだり音楽を聴いたりするのも楽しいものだ。

2月24日は、あいにく仕事だったが、23日が休みだったので、早起きをしてシャックに入った。
5Xが終わったあとのねらい目は、9U、XT、TZかな。
午前7時過ぎにそれぞれ7MHzで発見。無事QSO。信号があまり強くなかったので、呼ぶ局もそれほど多くはなかったと思う。
夕方には、TZも発見。

現代は、情報化とグローバル化の社会と言われるが、以前に比べ珍しいカントリーからの運用の機会が増えたし、QRV情報やリアルタイム・ログサーチ、QSLインフォメーションなど、至れり尽くせりだ。
情報を求めて、DXブレティンや電話帳のようなDXコールブックを買っていた時代が嘘のようだ。

ただ、あと問題となるのが、バンド・コンディション。
こればかりは、情報化、グローバル化といえどもどうしようもない。とにかく信号が弱い。
ペディションは、マルチバンド・マルチモードで展開されるが、アフリカからの信号はどれも弱く、ヨーロッパの壁が厚い。
TZ6JAと、モービルからQSOができた90年代後半のコンディションが信じがたい。

Date Time Call Freq Mode QTH
13/02/22 21:14U 4L8A 7.133 SSB Georgia
13/02/22 22:15U 9U4U 7.004 CW Burundi
13/02/22 22:22U XT2TT 7.120 SSB Burkina Faso
13/02/22 22:52U P49V 18.070 CW Aruba
13/02/22 22:54U H44KW 18.076 CW Solomon Is.
13/02/22 23:38U WB7OEM 21.028 CW United States of America
13/02/22 23:45U N7JDP 21.028 CW United States of America
13/02/22 23:56U 6V7S 10.101 CW Senegal
13/02/23 00:02U KH0WF 18.125 SSB Mariana Is.
13/02/23 00:12U HL3LFB/QRP 7.027 CW Republic of Korea
13/02/23 05:50U KH0WF 21.245 SSB Mariana Is.
13/02/23 07:36U TZ6BB 14.002 CW Mali
13/02/23 08:51U XT2TT 14.243 SSB Burkina Faso
13/02/23 08:54U IK8TEO 18.069 CW Italy
13/02/23 09:08U UB9OAW 21.018 CW Asiatic Russia
13/02/23 09:13U UA9LAC 21.018 CW Asiatic Russia
13/02/24 07:51U VR2UW 28.013 CW Hong Kong
13/02/24 08:43U 9U4U 21.001 CW Burundi
13/02/24 09:06U J52HF 21.248 SSB Guinea-Bissau
13/02/24 09:31U XT2TT 18.139 SSB Burkina Faso

仕事帰りの車のラジオで、サラリーマン川柳の傑作100選が発表されたというニュースを聞いた。
早速そのサイトをのぞいてみた。


作品の著作権は、第一生命にあり、無断での転載、使用が禁止とのことなので紹介できないが、
どれもよくできている。
傑作100選の中から、投票でベスト10が選ばれるとのこと。

2月16日付 425DX NEWS #1137 Calendarから抜粋。
バンド・コンディションは、春型への移行が感じられる。
アフリカへは、バンドによってはロングパスが良いのか?それともショートパスが良いのか?
また、カリブ海方面の信号がどれくらい強く聞こえてくるだろうか?

・9Uの運用は、今週末23日まで。
・アフリカからは、5H,J5,6W,5V,9G,XT,Z8,STなど、結構いろいろなペディションが予定されている。
・カリブからも、J3,J8,KG4,V4,V3,TO2,VP2などが予定されている。KG4の信号はしばらく聞いていない気がする。
・TX5K(クリッパートン)が、2月28日から始まる。

PERIOD          CALL                                      
till  23/02      9U4U: Burundi   
till  23/02      A35WH: Tongatapu (OC-049),Tonga   
till  23/02      V63ZM: Micronesia        
till  28/02      5H1Z: Zanzibar Island(AF-032)  
till  02/03      J52HF:Guinea-Bissau                                 
till  03/03      5W0W: Samoa(OC-097)                            
till  08/03      J38RF: Grenada (NA-024)              
till  09/03      HC2/RC5A and HC2/RA1AGL:Ecuador   
till  10/03      6W2SC:Senegal         
till  10/03      J5UAP:Guinea-Bissau        
till  11/03      J88DR: St Vincent(NA-109)    
till  15/03      5V7JD:Togo                            
till  22/03      PJ2/PA0VDV: Curacao(SA-099)     
till  25/03      FG/F6ITD: La Desirade,Guadeloupe (NA-102)    
till  11/04      JX9JKA: Jan Mayen(EU-022)               
till  May        9G5MS:Ghana                                   
16/02-23/02      KG4KL: Guantanamo Bay(NA-015)                     
16/02-25/02      XV2DLH:Vietnam                               
17/02-01/03      KG4WV: Guantanamo Bay(NA-015)        
17/02-03/03      TO22C: Guadeloupe(NA-102)                        
20/02-21/03      V47JA: St. Kitts(NA-104)                        
20/02-14/03      VP2MRS and VP2MUR: Montserrat(NA-103)          
21/02-06/03      XT2TT: BurkinaFaso                                 
22/02-02/03      XT2VWT, XT2AEF, XT2IVU, XT2CJA:Burkina Faso        
23/02-24/02      TO1PF: Reunion Island(AF-016)                 
25/02-06/03      Z81Z: SouthSudan                                 
27/02-06/03      V31LJ:Belize                                      
28/02-10/03      TX5K: Clipperton Island(NA-011)                
February         6V2R:Senegal                                    
February         J5NAR: GuineaBissau                          
February         ST2SF:Sudan                                         
February         T6LG:Afghanistan                              

この週末は、ARRLのCWコンテストをやっていたので、SSBをワッチすることにした。
今日、2月17日の7時ごろ、7.100より上の周波数をワッチしているとC91IW(モザンビーク)の信号が明瞭に聞こえた。

しかし、その周波数はJAのDXグループが仲間内で使っている周波数のようで、仲間内で順番にQSOの順番も回しているような感じで、他から割り込んで呼べるような雰囲気ではない。
DXからコールがない時は、仲間内で互いのコールサインも言わずにアンプの話などを得意気にしている。

そのグループを仕切っているらしい局が、C91IWと交信を終わろうとしていたタイミングを見計らって、
「呼ばしてもらってもいいですか?」とブレークを入れてみた。
「どうぞ」という返事を確認し、モザンビークを呼び、互いにRS57でQSOを終えることができた。

QSOができたのは、それで良かったのだが、なんかちょっと変な感じ、違和感を覚えた。

そうだ、これは2mや430MHzのSSBで、仕切り屋のお山の大将にお断りを入れて遠くの局を呼ばせてもらっているのとよく似ている。
そもそも、それが嫌いで私は2mのSSBに出なくなったんだ。
仕切り屋の大将に仁義を切ってからしか呼ばせてもらえないような世界はおもしろくない。
DXは、やはりオープン戦で自由に呼びたいものだ。たとえ、パイルアップで取れなくても。

7MHzはおもしろDXバンドだが、SSBはちょっと??かな。

↑このページのトップヘ