CQ CQ de JF3KNW

還暦を迎え、身の丈に合った、無理をしない、シンプル・ライフ備忘録

2012年09月

DXクラスターのデータしか情報はないのだが、このところハイバンド(24MHz、28MHz)、6mのコンディションがかなり良いようだ。
出張も今週の木曜、10月4日まで。早く家に帰って無線機の前に座りたいものだ。3D2Cにもギリギリ間に合うかな?
 
信号の強さが実際にどれくらいなのかはわからないが、朝の時間帯に北米、カリブ海方面、夕方の時間帯にヨーロッパ方面のレポートが上がっている。
また、早朝の時間帯では、7MHz、10MHzあたりでもヨーロッパ、アフリカ方面のレポートがあるようだ。
そのうち、夕方の時間帯を中心にロングパスでたくさんのDXの信号が聞こえてくるだろう。
 
海外交信を楽しむのに、絶好の季節がやってくる。
仕事や家族との時間にやりくりをつけて、無理なく、しかしなるべくたくさん無線の時間を確保したいと思う。
DDXCCの最後の追い込みもこの時期になるだろう。DDXCCに関して言えば、チベットからの運用とは交信したいものだ。
 
425 DX Calendar  22 September 2012
Date/Month      CALL
till  20/03/2013 JX9JKA: Jan Mayen (EU-022)
23/09-13/10      5H1HS (AF-032) and 5H1HS/3: Tanzania
24/09-05/10      3D2C: Conway Reef (OC-112) 
25/09-03/10      6V7X: Senegal
27/09-07/10      BY1WXD/0: Tibet Autonomous Region
27/09-03/10      ZA/OK1DX, ZA/OK1FCJ, ZA/OK6DJ, ZA/OL8R: Albania
27/09-04/10      ZD9UW: Tristan da Cunha (AF-029)
03/10-16/10      TT8TT: Chad
05/10-11/10      7Z7AB: Al-Dhahrah Island (AS-190)
06/10-12/10      VK9XM: Christmas Island (OC-002)
08/10-17/10      WA4DAN/CY0 and AA4VK/CY0: Sable Island (NA-063)
16/10-23/10      3B9SP: Rodrigues Island (AF-017)
16/10-25/10      T30PY and T30SIX: Western Kiribati (OC-017)
18/10-22/10      SU55J: special event station  
October          OD5/IV3XNF: Lebanon
October          T6LG: Afghanistan 
01/11-09/11      ZL7A: Chatham Islands (OC-038)
05/11-22/11      5Z4/SM1TDE: Kenya
10/11-22/11      PT0S: St. Peter and St. Paul Rocks (SA-014)  
24/11-10/12      5T0SP: Mauritania                        
28/11-09/12      ZL9HR: Campbell Island (OC-037)        
28/02-10/03/2013 TX5: Clipperton Island (NA-011)
25/03-10/04/2013 T33A: Banaba Island (OC-018) 

出張中にコソボの運用がすでに終了してしまった。
信号も全く聞かずだった。
OPDXの記事によると、秋のコンテストシーズンに向けて再度運用がありそうなので、そのときには何とか交信したいものだ。
9月24日付 OPDX Bulletin 1080の記事から、JF3KNWが要約。
 
Z6 コソボ(Work First Worry Later:まずは交信、心配はあとから)
今週のビッグニュースは、コソボからの運用。
ARRLDXCCデスクからは、コソボのDXCCの扱いについてまだ何も発表されていない。
ARRLは、919日、次のように述べている。
Z60Kは、DXCCクレジットの条件を満たしていない。その理由は、コソボはまだ国連加盟国ではないし、ITUのコールサイン区域にも入っていないため、現段階ではDXCCプログラムの求める条件を満たしていないからである。Z60Kとの交信は合法であるがDXCCにはカウントできない。」
Z60Kの運用は、40m, 30m, 20m, 17m, 15mDXクラスターに情報が上がっている。現在、コソボのテレコミュニケーション関係当局(TRA)のサイトによると、80m, 12m, 10m, 6mは許可されていない。
922日にQRT9221658zの時点でのZ60Kの総交信数は18,545QSO (CW10,167SSB8,378)
QSLは、G3TXF
・オンラインログが稼働している。ClubLog at: http://www.clublog.org/charts/?c=Z60K#r
TRAのサイトによると、Z60Kはコソボの新しいアマチュア無線連盟に発給されたコールサインである。個人局によるZ60Kからの運用の準備も進められている。また、ビジターライセンスも発給されている。
・コンテストシーズンが間近に迫っている。コンテストログのマルチプライア・データベースにZ6を追加しておこう。
 
924日付、OPDX Bulletin 1080
 
 

横浜のハムショップ、ハマーズPlusに連れて行ってもらった。
CQ誌等で紹介されていたフルデジタルコントロール・リニアアンプKL-1の実物を一目見るのが目的。
 
店長さんからお話を聞き、カタログをもらってきた。
携帯のカメラでの撮影許可をもらったので、画像を添付します。
 
本体は、「小型冷蔵庫」。コントロール・ユニットは、「放送局のスタジオ機器」といった感じだが、デザインはとても洗練されており、いかにも「リニアアンプ」という感じは全くしない。
 
自宅のリニアは、アイコムのIC-PW1。1000馬力。
このアンプは、最高出力5000馬力だそうだ。
しかし、検査OK。公道を走ることができるとのこと。
日頃は軽く1000馬力で、余裕を持って走ることができるそうだ。
こういう車で走る局と出足を競争しても勝てるはずはない。
一気に走り去るのを待ってから呼ぶのが賢明か。
裸足(bare foot)で走る局は、1000馬力の局ともまともに競争すると勝てない。
順番を待つか、タイミングを計って小回りよく呼ぶと、もしかすると1000馬力には勝てるかもしれない。
 
まあ、「競争である」、「勝つことが最優先」という発想では際限がない。
マイペースで楽しむのが一番だが、5000馬力の実物を初めて見て、複雑な気分に・・・
 
イメージ 1
 
イメージ 2
 

昔の人はうまいことを言ったものだ。
今朝は、朝から天気が悪いこともありとても涼しい。
 
先週から仕事の研修で1エリアに滞在中。平日はずっと建物の中だが、週末は自由。
滞在している研修センターから筑波山が見えるらしいが、天気が悪く視界も悪い。
研修施設の周りは自然がいっぱい。しかし、この天気ではあちこち歩き回ることもできない。
私は、「晴れ男」のハズだったんだけど。
 
滞在している部屋には、自由に使えるノートパソコンがあり、インターネットへのアクセスは可能だが、テレビはない。
DXクラスターを見ることはできるので、どんなコンディションなのかを想像することはできるが、実際に信号を聞くことができないのはさみしい。
多少荷物になっても、無線機を持ってくるべきだったかな?
 
今さら仕方ないので、しばらくはテレビも無線機もない生活をエンジョイしよう。
せめて、秋の清々しい天気になってくれたらその辺をウロウロとできるのだが。
 

現在、1エリアに出張中。10月3日までなので、それまで無線が全くできない。
無線機を持ってきて、JF3KNW/1を運用しようかとも思ったが、荷物が大きくなったので今回は見送った。
留守中のコンディションが気になるところだが、どうしようもない。せめて、DX Newsだけでも・・・
 
運動会、体育大会の時期になると、そろそろ夕方の時間帯にロングパスでヨーロッパ、アフリカ方面の信号が聞こえ始める。
アルジェリア(7X)の記念プリフィックス局、7T, 7U, 7V, 7Yやセネガル(6V)などが、夕方の時間帯に南西方向から聞こえるだろうか。
その他のアフリカでは、TT8, ZD9, 3B9を朝の時間帯に7MHz, 10MHzあたりで狙いたい。
オセアニア方面では、VK9C, VK9X, 3D2C, ZL9, TX5あたりと3.5MHzでQSOしたい。
CY0が聞こえるか、QSOできるかということも気になる。
 
いずれにせよ、DX NEWSの局から、ターゲットを決めて狙ってみるのは楽しいものだ。
各バンドのコンディションの予測、狙いを絞ったワッチ、相手の信号が聞こえるか、こちらの信号を届けることができるかといった運用技術など、HF DXの楽しみ方はいろいろ。
 
Day/Month           CALL                                                  
till  26/09      T6SS: Afghanistan                                    
till  15/11      VQ9JC: Diego Garcia (AF-006), Chagos                 
till  November   JW2US: Bear Island (EU-027)                          
till  31/12      7T50I and 7U50I: special event stations (Algeria)
till  31/12      7V50I and 7Y50I: special event stations (Algeria) 
till  20/03/2013 JX9JKA: Jan Mayen (EU-022)                       
15/09-22/09      V63MJ: Pohnpei (OC-010)                       
18/09-30/09      KH8: American Samoa * by N7CQQ and N6XT              
20/09-04/10      CT9/DJ6QT, CT9/DJ3IW, CT9/DM3BJ: Madeira (AF-014)    
20/09-04/10      CT9/DK1MM, CT9/DK1QH, CT9/DK4QT: Madeira (AF-014)    
20/09-04/10      CT9/DL1YFF, CT9/E73Y, CT9/S56A: Madeira (AF-014)     
22/09-28/09      9H3AK: Malta (EU-023)                                
21/09-28/09      VK9CS: Cocos-Keeling (OC-003)                        
24/09-05/10      3D2C: Conway Reef (OC-112)                           
25/09-03/10      6V7X: Senegal
26/09-21/10      FR/DJ7RJ: Reunion Island (AF-016)               
27/09-07/10      BY1WXD/0: Tibet Autonomous Region               
27/09-03/10      ZA/OK1DX, ZA/OK1FCJ, ZA/OK6DJ, ZA/OL8R: Albania    
27/09-04/10      ZD9UW: Tristan da Cunha (AF-029)                
28/09-29/09      VK9XS: Christmas Island (OC-002)                    
02/10-06/10      FO/F6BCW: Tahiti (OC-046), French Polynesia          
03/10-16/10      TT8TT: Chad                                  
06/10-15/10      FO/F6BCW: Huahine (OC-067), French Polynesia         
06/10-12/10      VK9XM: Christmas Island (OC-002)                   
08/10-17/10      WA4DAN/CY0 and AA4VK/CY0: Sable Island (NA-063)      
16/10-23/10      3B9SP: Rodrigues Island (AF-017)                   
16/10-25/10      T30PY and T30SIX: Western Kiribati (OC-017)          
28/11-09/12      ZL9HR: Campbell Island (OC-037)                    
28/02-10/03/2013 TX5: Clipperton Island (NA-011)                      
 

↑このページのトップヘ