CQ CQ de JF3KNW

還暦を迎え、身の丈に合った、無理をしない、シンプル・ライフ備忘録

2010年10月

10月22日から職場の旅行でベトナムへ行ってきた。
日程は3泊4日。目的地は、ハノイの市街観光と世界遺産にも指定されているハロン湾の観光。
 
市内は、とにかくバイクが多い。市内の道路は、そこら中でクラクションが鳴り響いている。
良く言えば活気にあふれているが、とにかく騒々しい。
ベトナムの交通ルールには「一旦停止」「左右確認」という言葉は無いようだ。
道路の反対側に渡るのがとにかく大変だ。
走っている車やバイクの間をうまく縫うように横断しなければならない。
車やバイクがうまくよけてくれることを期待して、歩行者は決して走らずに歩いて横断する。
まるで、映画のマトリックスの一場面のようだった。あー怖かった!
イメージ 1
 
昼食は、現地の人にも有名なフォーの店に入った。
味はそこそこだが、値段はとにかく安い。おなかいっぱい食べて、ビールも飲んで一人500円ぐらい。
イメージ 2
 
「海の桂林」と言われているハロン湾のクルーズ。
近づいて一つ一つの岩を見ると「ジオパーク山陰海岸国立公園」あまり変わらないが、海から突き出している岩の数がとにかく多いのと、範囲がかなり広い。さすが世界遺産。
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 

セーブル島へのペディションは、結局延期になったようだ。
最初に、天候不順のためというニュースが流れ、その後続いて、航空機の不具合というニュースが流れた。
10年ほど前だが、セーブル島の大嵐を題材にした「パーフェクト・ストーム」という映画があった。
海が荒れると、かなり大変な所のようだ。
 
OPDX,425DXのニュースを以下に掲載。
 
10月25日付 Ohio/Penn DX Bulletin #982によると、
チャーターしていた航空機に安全上の重大な問題が見つかった。
修理には3週間以上かかる見込み。
一旦アメリカに帰国し、再度スケジュールを組み直す。
新しい予定は、近々発表したい。詳細は以下のサイトに掲載する。
CY0, SABLE ISLAND (Update/Operation Postponed). Randy, N0TG, reports:
"Today, prior to our planned departure to Sable Island on Saturday, a
major safety issue was discovered with the charter aircraft that requires
repair before we can fly. As of this writing, parts have not yet been
located and it is estimated that acquiring parts and completing the repairs
will extend as much as 3 weeks or longer. Thus, we will be returning to
the U.S. to 'regroup' and reschedule a return for another try. Hopefully,
a new date can be announced in the near future. Info and details will be
posted on the website <http://www.CY0dxpedition.com>, as they develop.
Thanks to all for your patience and understanding."
 
 
10月23日付 425 DX News #1016によると、
天候不良のため、21日のセーブル島へのフライトは延期となった。
天候回復の見込みは立っていない。
次のフライトの予定は、23日の15:00UTC。
N0TGによると、もし月曜までずれ込むようなら、終了日も予定していた29日を延長するつもりであるとのこと。
CY0    - Bad weather conditions prevented AA4VK, AI5P, N0TG and VE1RGB  from
         flying to Sabe Island on 21 October,  and  the  forecast  does  not
         look promising. The next flight attempt will be on  23  October  at
         15 UTC. "If we are delayed  until  Monday",  N0TG  says,  "we  will
         extend the end date beyond the current  schedule  of  29  October".
         Bookmark www.cy0dxpedition.com for updates.

CY0 セーブル島からのDXペディションがまもなく始まるようだ。
[OPDX] Ohio/Penn DX Bulletin #981(Oct.18) によると、21日木曜日の21:00UTCの運用開始を目指して準備中とのこと。
21日の21:00UTCということは、22日(金)06:00JST。
現在のコンディションでは、どれくらいの強さで信号が日本に届くのか。
 
私は、残念ながら22日(金)から25日(月)まで、職場の旅行のため無線機の前に座ることができない。
忙しい中で、わざわざ親睦旅行を計画する意味があるのか、という声もあるが、わたしの職場では、毎年今の時期に旅行が計画されている。今年の行き先はベトナムだ。
 
CY0, SABLE ISLAND (Update). Randy, N0TG, reports: "We are ready to go;
the team will convene in Halifax, Canada, on Tuesday, 19th Oct. Then,
Wedneday will be a busy day with final preparations for the charter
flight over to Sable on Thursday - 21st October.  The goal is to be
up and running around 2100 UTC or so on the 21st. The Web page has a
few steps listed which will be statused as they are completed. Please
check the Web for updates at:     http://www.CY0dxpedition.com "
 
イメージ 1

PJからたくさんの局が出ている/いたようですが・・・
信号が弱い、USAの壁が厚い、オープンの時間が短い、パイルアップが激しいetc. ため、
なかなかQSOの順番が回ってきませんが、そのうち何とかなるでしょう。
 
Ohio/Penn DX Bulletin No. 981(October 18, 2010)から
PJ ACTIVITY LIST (UPDATED):
      PJ2A       - Curacao Island; DXCC Code 517; IOTA SA-099; length
                   of activity unsure; QSL via N5UCF. No online logs.
      PJ2T       - Curacao Island; DXCC Code 517; IOTA SA-099; October
                   10th-November 2nd; QSL via N9AG or LoTW. No online
                   logs.
      PJ2/OH1VR  - Curacao Island; DXCC Code 517; IOTA SA-099; Now QRT;
                   QSL via his home callsign. No online logs.
      PJ2/W5MPC  - Curacao Island; DXCC Code 517; IOTA SA-099; Now QRT;
                   QSL via his home callsign, direct or by the Bureau.
                   No online logs.
      PJ4B       - Bonaire Island; DXCC Code 520; IOTA SA-006; through
                   October 22nd; QSL via PA8A. As of 10/17/10 (0121z):
                   Total 8084 QSOs; Unique callsigns 5320.Online log
                   at:       http://www.clublog.org/charts/?c=pj4b
      PJ4D       - Bonaire Island; DXCC Code 520; IOTA SA-006; through
                   October 22nd; QSL via W3HNK. As of 10/17/10 (1200z):
                   Total +33,000 QSOs. Online log at:
                            http://www.bonaire2010.com
      PJ4I       - Bonaire Island; DXCC Code 520; IOTA SA-006; through
                   October 22nd;  QSL via DL9USA. No online logs.
      PJ4N       - Bonaire Island; DXCC Code 520; IOTA SA-006; through
                   October 22nd; QSL via DJ8NK (not W3HNK). No online logs.
      PJ4NX      - Bonaire Island; DXCC Code 520; IOTA SA-006; resident
                   on the island; QSL direct to address on QRZ.com or by
                   the Bureau via PA3CNX. No online logs.
      PJ4W       - Bonaire Island; DXCC Code 520; IOTA SA-006; through
                   October 22nd; QSL via W3HNK. No online logs.
      PJ4/PG4M   - Bonaire Island; DXCC Code 520; IOTA SA-006; Now QRT;
                   QSL direct to home callsign. No online logs.
      PJ4/W9NJY  - Bonaire Island; DXCC Code 520; IOTA SA-006; through
                   October 29th; QSL via W9NJY or LoTW after the January
                   1st (2011).
      PJ5/K1XM   - St. Eustatius; DXCC Code 519; IOTA NA-145; now through
                   October 17th; QSL via KQ1F. No online logs.
      PJ5/AH6HY  - (not PJ5/AH6DX) St. Eustatius; DXCC Code 519; IOTA
                   NA-145; Now QRT; QSL via AH6DX, direct or by the
                   Bureau. No online logs.
      PJ5/AA4NC  - St. Eustatius; DXCC Code 519; IOTA NA-145; Now QRT;
                   QSL via AA4NC direct only. Logs will be uploaded to
                   LoTW. NO BUREAU QSLs. No online logs.
      PJ6A       - Saba Island; DXCC Code 519; IOTA NA-145; now through
                   October 22nd; QSL direct only to N4NX, or use the
                   online OQRS system for direct and Bureau QSLing.
                   As of 10/16/10 (2224z): Total of 30488 QSOs
                   Online log at:    http://www.saba2010.com
      PJ6/K4LMY  - Saba Island; DXCC Code 519; IOTA NA-145; Now QRT;
                   QSL via K4LMY. No online logs.
      PJ7E       - Sint Maarten; DXCC Code 518; IOTA NA-105; now through
                   October 20th; QSL via LoTW, OQSL (see Web page) or
                   direct to: Sint Maarten 2010, Box 333, Bethlehem,
                   Georgia 30620-9989 USA. As of 10/17/10 (0024z): Total
                   of 50620 QSOs. Online log at:
                         http://www.stmaarten2010.com/log.html 
      PJ7MF      - Sint Maarten; DXCC Code 518; IOTA NA-105; resident on
                   the island; QSL via IZ1MHY, ONLY DIRECT. Online log at:
                                 http://www.iz1mhy.tk
      PJ7/AA4NC  - Sint Maarten; DXCC Code 518; IOTA NA-105; No QSNs were
                   reported; Activity was expected to be between October
                   15-18th; QSL via AA4NC, direct only. Logs will be
                   uploaded to LoTW. NO BUREAU QSLs. No online logs.
      PJ7/AH6HY  - Sint Maarten; DXCC Code 518; IOTA NA-105; No QSNs were
                   reported; Activity was expected to be between October
                   15-22nd; QSL via AH6DX, direct or by the Bureau. No
                   online logs.
  PJ4, BONAIRE. Peter, PJ4NX, is a resident on Bonaire (SA-006, WLOTA L1279)
         and is currently taken in the fun of activating a new DXCC entity. He
         has been on 40/20/17/12 meters SSB. QSL via the address on QRZ.com.

VOAスペシャルイングリッシュで、チリ鉱山落盤事故救出のニュースを聞くことができる。
 
音声クリップとともに、英文スクリプトもダウンロード可能。
そして、VOAのサイトは、まるでブログのように、それぞれの記事にコメントを書き込むことができるようになっているのが特徴。
 
このニュースにも、たくさんのコメントが寄せられている。
このサイトは、もともと英語学習用のサイトなので、英語を母国語としないアジアの国々からのコメントが多い。
多少の英語の間違いは全く気にせず、言いたいことを英語にしてコメントを載せている人たちの姿勢には学ぶところが多い。ちなみに、日本人によるコメントもあるが、それほど多くはない。
 
このサイトを活用して、「聞く」、「読む」、「書く」の3つの技能をしっかりと訓練することが可能だ。
しかも、楽しみながら。
 
ニュースのヘッドラインと、リードをサイトから。

For 33 Rescued Miners in Chile, a Rebirth

Rescue workers at the San Jose gold and copper mine in northern Chile had
reason to sing this week.  A small hole drilled into the earth became a passage to
freedom for thirty-three trapped miners
 
やさしい英語を使いながら、なかなか凝った書き出しだ。
イメージ 1
 

↑このページのトップヘ